データ通信用で格安スマホを2台目利用

わたしはもともと携帯電話会社契約のスマートフォンをデータ上限3Gで契約しています。
出張や出かけることも多く、どうしてもデータ上限を超えてしまうのが常になってしまいました。

 

もちろん、1Gを1000円で追加することも可能なのですがコスト的にはあまりあいません。
そこで格安スマホ会社の契約を考えました。

 

それほど高機能ではなくとも簡単なウェブブラウジングさえできればよいわけです。
もちろん、格安スマホ会社の端末でもイニシャルコストは多少かかりますが毎月の維持費を考えれば、どこの会社でも3Gで1000円強です。

 

これは2台持ちのほうがメリットがあるということで契約しました。
私の場合はもろもろのサービスを楽天で賄っているので格安スマホも楽天グループにしようと思い、インターネットで楽天モバイルの契約を行いました。
ネットワークもLTEなのでデータ通信の速度も全く気になりません。もともと契約しているスマホと違い、通話契約をしていないのですがデータ通信専用なので全く気になりません。

 

今ではデータ通信がもともとのスマートフォンで3G、楽天モバイルで3Gということで合計6Gを有効に利用できるようになっています。
もちろん、2台持ちという面倒はありますが、利便性とこの面倒くささを天秤にかけた場合、明らかに3台持ちのほうが優先順位が上がるわけです。
さらにデータがあまりそうなら今は家族がそのスマートフォンを持ち出して利用することもあります。